2021.2.24 05:04(1/2ページ)

阪神・西勇が離脱…せき止まらず帰阪 矢野監督、開幕「分からない」

阪神・西勇が離脱…せき止まらず帰阪 矢野監督、開幕「分からない」

特集:
西勇輝
朝はグラウンドに姿を見せていた西勇だが、この後、帰阪した(撮影・宮沢宗士郎)

朝はグラウンドに姿を見せていた西勇だが、この後、帰阪した(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 阪神・西勇輝投手(30)が23日、ぜんそくの検査のため沖縄・宜野座で行われている1軍キャンプから離脱した。せきが治まらず、大事を取った形で、今後は3月26日のシーズン開幕(ヤクルト戦、神宮)を見すえて関西での調整を続けるという。今季も開幕投手の最有力と見込まれる右腕が、キャンプも残り1週間となったところで、チーム本隊を離れることとなった。

 円陣が解け、ナインがウオーミングアップへと向かう。まぶしい太陽が照らす毎朝の宜野座の光景から、西勇はひとり静かに離れた。ぜんそくの検査のためキャンプを切り上げる。開幕を万全の状態で迎えるために、これが最善の判断だった。矢野監督が明かした。

 「ちょっとせきがね。このキャンプ、続いていたんでね。少しコンディション的にも難しいな、とトレーナーと話をしても、そうやった。残り1クールなんで。それやったら一度帰って、いろいろ様子を見るというか、時間を使った方がね」

 右脇腹の筋挫傷で開幕絶望的となった高橋に続く“離脱”。3月26日のシーズン開幕、ヤクルト戦(神宮)までは4週間余り。チームも西勇も先を見すえるからこそ、いち早く快方へ向かう方法を選ぶ必要があった。

【続きを読む】