2021.2.24 05:05(1/2ページ)

ヤクルト・山田が“主将1号” 巨人D1・平内を粉砕、「甘い球」豪快に引っ張った

ヤクルト・山田が“主将1号” 巨人D1・平内を粉砕、「甘い球」豪快に引っ張った

特集:
2021新人情報
山田哲人
二回に今季対外試合1号となる2ランを放った山田。ルーキーの平内(手前)に“プロの洗礼”を浴びせた(撮影・桐原正道)

二回に今季対外試合1号となる2ランを放った山田。ルーキーの平内(手前)に“プロの洗礼”を浴びせた(撮影・桐原正道)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (練習試合、ヤクルト5-10巨人、23日、浦添)今季から主将を務めるヤクルト・山田哲人内野手(28)が23日、巨人との練習試合(浦添)に「3番・二塁」で先発出場し、2点を追う二回2死二塁から左越えへ、対外試合初本塁打となる同点2ランを放った。実戦2試合目にして出た“主将1号”。チームは5-10で対外試合初黒星を喫したが、燕の背番号1が独自のキャプテンシーを発揮し、チームを2年連続最下位からの浮上に導く。

 浦添の陽光が、左腕のキャプテンマークを輝かせた。二回2死二塁で左越えに2ラン。山田は歓喜するナインに迎えられ、小さくうなずいた。

 「甘い球だった。試合勘とかはないので、たまたまなところはありますけど…。実戦2試合目で結果も出て、いい方かなと思います」

 滞空時間の長い飛球は、左翼後方のネット付近で弾む特大弾となった。巨人D1位・平内(亜大)が投げた121キロの浮いたスライダーを逃さず捉えた“主将1号”。即戦力右腕にプロの洗礼を浴びせても「シーズンに入ってからが勝負なので気を引き締めて」と隙は見せなかった。

 強い決意を胸に、新シーズンへ臨んでいる。このオフは国内FA権を行使せず残留。新たに7年契約を結んだ。その後、高津監督に主将就任を志願。上半身のコンディション不良もあり94試合で打率・254、12本塁打、52打点、8盗塁に終わった昨季からの巻き返しへ、控えめだった男が自身を奮い立たせるため決断した。

【続きを読む】