2021.2.24 11:59

ソフトバンク・千賀がブルペン入り、今キャンプ最多の45球

ソフトバンク・千賀がブルペン入り、今キャンプ最多の45球

ブルペン投球を行ったソフトバンク千賀

ブルペン投球を行ったソフトバンク千賀【拡大】

 ソフトバンク春季キャンプ(24日、宮崎市内)ソフトバンク・千賀滉大投手(28)が24日、今春キャンプ3度目のブルペン投球。初めて捕手を座らせ、最多の45球を投じた。

 直球を28球、カーブ7球、スラーブ5球、カットボール3球、フォーク2球。スラーブの際には「めっちゃ曲がる」と投じたボールの軌道に試行錯誤しているようすだった。倉野ファーム投手統括コーチがブルペン捕手の真後ろに座り見守る場面も。前回のブルペン投球は30球だったが、増えた球数にも順調なステップがあらわれていた。

 千賀は両ふくらはぎのコンディション不良でキャンプをリハビリ組スタート。慎重に調整を重ねて、捕手を座らせる段階にまでたどり着いた。開幕投手は石川に譲る形となったが、千賀自身も開幕に向かって段階を踏んでいる。