2021.2.24 07:30

【真中満 キャンプCHECK】巨人、投打のルーキーに明暗 秋広、体の割にコンパクト、コース狙いすぎた平内

【真中満 キャンプCHECK】

巨人、投打のルーキーに明暗 秋広、体の割にコンパクト、コース狙いすぎた平内

5回、適時二塁打を放つ巨人・秋広優人=沖縄県浦添市(撮影・桐原正道)

5回、適時二塁打を放つ巨人・秋広優人=沖縄県浦添市(撮影・桐原正道)【拡大】

 (練習試合、ヤクルト5-10巨人、23日、浦添)巨人は練習試合にルーキー2人が出場した。結果こそ明暗が分かれたものの、どちらも楽しみな素材だと感じた。

 秋広は逆方向へ二塁打を2本放った。長身の打者は内角が弱点というイメージがあるが、体の割にコンパクトなスイングで、内角球にも上体が前に突っ込まない。

 内外野ともに層が厚いので、生き残れるかは、これから一線級の投手を相手に結果を残せるかによる。ただ、原監督が1軍の試合で起用する気持ちはわかるし、昨秋のドラフトでよく5巡目まで残っていたなと思う。

 1位の平内は真っすぐに力がある。この日は、その真っすぐがどこまで通用するか試したのではないだろうか。2四球1死球と制球に苦しんだのは、厳しいコースを狙いすぎてのもの。もっと大胆な投球ができれば、結果は違ってくるだろう。

 キャンプインから約3週間がすぎて、新人にとっては最も疲れがたまる時期。修正ポイントは分かっただろうし、これから練習量が減ってくるのでうまく調整して、次のチャンスに生かしてほしい。(本紙専属評論家)

キャンプ日程へ