2021.2.24 05:01

広島・鈴木誠也、今季対外試合1号!「甘い球を振れた」

広島・鈴木誠也、今季対外試合1号!「甘い球を振れた」

1回、先制のソロ本塁打を放つ広島・鈴木誠也=Agreスタジアム北谷(撮影・中島信生)

1回、先制のソロ本塁打を放つ広島・鈴木誠也=Agreスタジアム北谷(撮影・中島信生)【拡大】

 (練習試合、中日0-4広島、23日、沖縄・北谷)広島・鈴木誠也外野手(26)が23日、中日との練習試合(北谷)に「3番・右翼」で出場。今季対外試合1号となる先制ソロを放った。

 「直球に合わせて打った。甘い球を振れたので良かった」

 一回2死、清水の2球目の外角直球を強振。詰まったような当たりだったが、高く上がった打球は右翼の芝生の上に着弾した。

 今キャンプは長打力増をテーマに、昨年より左足を高く上げ、バットを地面と水平に振る新フォームに着手。ここまで対外試合2試合は快音はなかったが、4打席目の初安打が本塁打。今季対外試合5試合目で初勝利の佐々岡監督は「負けるよりは勝った方が気持ち的にも良い雰囲気になる」と笑顔を浮かべた。 

 「少しずつ良くなっている。詰めて、ものにしたい」と鈴木誠。3月26日の開幕戦(マツダ)の相手は中日。主砲の強烈なデモ弾で、まずは前哨戦に勝利した。(柏村翔)

キャンプ日程へ