2021.2.23 20:47(1/2ページ)

阪神・秋山、140キロ直球&110キロカーブでゼロ封!!

阪神・秋山、140キロ直球&110キロカーブでゼロ封!!

阪神先発の秋山=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)

阪神先発の秋山=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神・秋山拓巳投手(29)が23日、DeNA戦(宜野座)に先発し、3回1安打無失点と好投した。右脇腹の筋挫傷を起こした高橋遥人投手(25)に続き、エースの西勇輝投手(30)もぜんそくの検査のために離脱と先発陣にアクシデントが続く中、首脳陣にアピール。昨季11勝を挙げた右腕が、中心となって引っ張っていく。

 ■納得の球威と緩急

 強い日差しが照りつける宜野座に、力んだ声が響く。秋山が安定感抜群の投球で、DeNA打線を手玉に取った。

 「このキャンプは、低めの制球も、去年と比べると、だいぶ手応えがある。引き続き精度を上げられるように(したい)」

 この日、許した安打は一回2死のD2位・牧(中大)の中前打のみ。持ち味の制球力で、低めに集める投球が光った。

 特に手応えを感じたのは、三回2死での神里への投球。カウント2-2からこの日最速となる140キロ直球がファウルとなると、続いて110キロのカーブを投じ、左飛に打ち取った。球威と緩急で封じ込め「ファウルのあとのカーブでバッティングさせていない。ああいうことが増えれば、いい内容になってくる」と納得の表情をみせた。

【続きを読む】