2021.2.23 07:30

【星野伸之 緩急自在】アクシデント心配したが阪神・西勇は心配なし

【星野伸之 緩急自在】

アクシデント心配したが阪神・西勇は心配なし

特集:
西勇輝
投内連係の練習に臨む西勇輝=22日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・門井聡)

投内連係の練習に臨む西勇輝=22日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・門井聡)【拡大】

 西勇が「ちょっとアクシデントがあったので」と言うから心配していたのだが、ブルペンの投球を見る限り、全く心配はなさそうだ。

 100%の力ではない投球だったが、どこかをかばった素振りもない。何より、セットポジションで投げて、クイックの動作の確認をしていたので、頭の中では次の実戦登板を想定していると推察できた。逆に言えば、それだけ状態も悪くない証拠だ。

 技術的には、セットの際の歩幅を広げていた感じがした。その意図を確認することはできなかったが、そういうチャレンジも、体調的に悪ければ行わない。

 オリックス時代から、コーチとして西勇を見てきたが、非常に慎重な性格で、最悪の事態になる前に申し出て、体調管理ができるタイプ。一連のブルペン投球回避も、大事に至る前に、という自制からだろう。

 最近は全力で腕を振る投球ではなくなっていたから、この時期の数日のノースローが開幕に影響するとは思えない。現状、開幕の最有力候補の存在であることは間違いないだろう。(本紙専属評論家)