2021.2.23 05:02(2/2ページ)

北川コーチにぶち当てろトレ!阪神D1位・佐藤輝、猛虎の珍トレ初体験「疲れました」

北川コーチにぶち当てろトレ!阪神D1位・佐藤輝、猛虎の珍トレ初体験「疲れました」

右翼フェンスには北川コーチの写真が貼られ

右翼フェンスには北川コーチの写真が貼られ【拡大】

その他の写真(2/5枚)

 午前中には「サイレントシートノック」も経験した。連係プレーで声を出す大切さを実感するため、また、声がする方向ではなく自分で瞬時に判断するため、声を一切出さずに行うノックを、左翼と三塁で受けた。

 最後はサブグランドで川相臨時コーチからノックを受けて、練習を締めた。23日のDeNA戦は「3番・左翼」で、4試合ぶりに外野を守る。

 「甘いところに来たら1球でとらえられるように、しっかり準備して臨みたいです」

 目下、7戦連続安打、3戦連続打点の金の卵。疲れ果てた“珍メニュー”の成果を実戦で披露する。(菊地峻太朗)

★「与作」で進化

 「スリル」が流れて中谷らが連続ティー打撃を行っていると、北島三郎の「与作」に切り替わった。ゆっくりとした曲調に合わせ、木を切るように腰を落としてスイング。佐藤輝は味わわなかったが、発案者の北川打撃コーチは「僕もオリジナリティーを出したかった。バランスよく下半身を使って振るのを意識して。(スリルから)進化です」と説明した。

キャンプ日程へ