2021.2.23 20:59

八戸西と具志川商、21世紀枠同士で初戦「しっかり打ち勝ちたい」/センバツ

八戸西と具志川商、21世紀枠同士で初戦「しっかり打ち勝ちたい」/センバツ

特集:
センバツ高校野球
対戦相手が決まった具志川商の粟国陸斗主将(左)と八戸西の宮崎一綺主将=23日(代表撮影)

対戦相手が決まった具志川商の粟国陸斗主将(左)と八戸西の宮崎一綺主将=23日(代表撮影)【拡大】

 第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンライン形式で開催され、開幕試合の神戸国際大付(兵庫)-北海(北海道)など、出場32校の初戦の対戦カードが決まった。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、出場校の主将がリモートで参加し、自校でくじを引いた。従来は大阪市内に各主将が集まって実施していた。同大会は3月19日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する予定。

 21世紀枠で出場する4校の対戦相手が決まった。八戸西と具志川商は21世紀枠同士で相まみえる。八戸西の宮崎主将は「相手は機動力もある自分たちと似た野球をしてくる。しっかり打ち勝ちたい」と意気込み、具志川商の粟国主将も「守備から流れをつくって攻撃につなげるチームなので、自分たちの野球ができるかが鍵になる」と自信をみなぎらせた。

 三島南(静岡)は鳥取城北と、東播磨(兵庫)は明豊(大分)と顔を合わせる。

センバツ出場校へ試合日程へ歴代優勝校へ