2021.2.22 07:30

【デーブ大久保 キャンプCHECK】ヤクルトD1位・木沢、1軍で通用する球の力見せた 完成度では山野の方が上…問題は決め球

【デーブ大久保 キャンプCHECK】

ヤクルトD1位・木沢、1軍で通用する球の力見せた 完成度では山野の方が上…問題は決め球

特集:
デーブ解析料理
2021新人情報
楽天との練習試合の3回、力投するヤクルト・木沢=沖縄・浦添市(撮影・斎藤浩一) 

楽天との練習試合の3回、力投するヤクルト・木沢=沖縄・浦添市(撮影・斎藤浩一) 【拡大】

 ヤクルトの新人2投手に、魅力を感じた。木沢はドラフト1位だけあって、1軍で通用する球の力を見せた。投げっぷりが良く、フォームに躍動感がある。実戦から離れていたせいで最初は球持ちが悪く、抜けたボールがみられたが、修正してストライクゾーンに投げられるようになった。高津監督に、期待を抱かせる登板になったと思う。

 投手としての完成度では、山野の方が上だ。フォームが安定していて、間合いが心地いい。問題は、決め球があるかどうか。チームには同じ左の石川というお手本がいるので、チェンジアップ、スクリューボールといった空振りが取れる球を習得したい。

 プロの打者を相手にした投球を見たのは初めてだが、2人とも、まだまだ伸びしろを感じる。ヤクルトは先発陣が手薄なので、開幕ローテーションを争う可能性は十分。「チャンスをつかむ」ではなく、「ローテに入るんだ」という高い意識を持って臨んでほしい。高橋らと競争することで、互いにレベルアップする相乗効果も生まれるだろう。 (本紙専属評論家)