2021.2.22 07:30

【ここに注目2021】ソフトB・ギータ、イチロー以来2人目の偉業へ 3度「打率・350以上での首位打者」

【ここに注目2021】

ソフトB・ギータ、イチロー以来2人目の偉業へ 3度「打率・350以上での首位打者」

 ソフトバンク・柳田は2015年(.363)、18年(.352)と打率.350以上の高打率で首位打者となった。過去、「打率・350以上での首位打者」に3度輝いたのは、オリックス・イチロー(4度)しかいない。史上2人目となる偉業に挑む。

 昨季は打率.342。1試合平均安打は1.23(119試合で146安打)。143試合に換算すると175安打ペースだった。仮に今季、シーズン500打数とした場合、同じペースで安打を打つと打率は.350となる。過去、打率.350以上(規定打席以上)を記録したのべ59人のうち、首位打者は46人。78%の確率で獲得できる。

 通算打率は.322(3430打数1104安打)で、3000打数以上の通算ランキングでは4位。今季500打数175安打なら、打率が.3254となり、2位のヤクルト・青木(.3251)を抜く可能性もある。 (記録担当・小川真幸)