2021.2.21 21:19(1/2ページ)

阪神・佐藤輝「油断できない」虎の難敵・森下撃ちも緩みなし

阪神・佐藤輝「油断できない」虎の難敵・森下撃ちも緩みなし

1回、二塁打を放つ阪神・佐藤輝=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・宮沢宗士郎)

1回、二塁打を放つ阪神・佐藤輝=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 (練習試合、阪神4-3広島、21日、沖縄・宜野座)阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が「3番・左翼」で出場。一回の第1打席に、昨季セ・リーグ新人王に輝いた森下暢仁投手(23)から二塁打を放った。昨季、チームは右腕に対して0勝3敗、打率・184。そんな難敵をものともしない黄金ルーキーは、やっぱり虎の希望の光や!

■昨季新人王から弾丸ライナー

 宜野座のグラウンドにまたも快音が響き渡った。弾丸ライナーで飛び出した白球が右中間に弾む。マウンドに立つ昨季の新人王ですら、佐藤輝を止められない。難敵を撃った! 広島・森下から値千金の一打だ。

 「シーズンではもっと違う球を投げてくると思う。でも甘いところをとらえられたのはよかったと思います」

 一回2死、カウント2-2からの6球目。150キロ直球を完璧にとらえた。打球はあっという間に右中間フェンスに到達。快足を飛ばす虎のドライチ。表情一つ変えず、悠然と二塁ベースに君臨した。

【続きを読む】