2021.2.18 05:03(2/2ページ)

阪神・高橋遥人、開幕絶望的 矢野虎痛ッ!左のエース候補負傷、右脇腹筋挫傷

阪神・高橋遥人、開幕絶望的 矢野虎痛ッ!左のエース候補負傷、右脇腹筋挫傷

右脇腹を痛めた高橋(奥)は別メニュー調整。矢野監督(手前)も気がかりだ(撮影・甘利慈)

右脇腹を痛めた高橋(奥)は別メニュー調整。矢野監督(手前)も気がかりだ(撮影・甘利慈)【拡大】

その他の写真(2/2枚)

 「逆に他の投手にとってはチャンス。これから競争が激しくなるのもある」と指揮官。西勇、秋山、青柳らとともに先発として計算していた高橋の離脱。昨季1軍先発陣にいた左腕が一人もいなくなってしまうが、即戦力左腕として期待されるD2位・伊藤将(JR東日本)らにとっては千載一遇のチャンスだ。

 一方、高橋としては、また同じ失敗を繰り返してしまった。昨季はコンディション不良で開幕2軍スタート。8月6日の巨人戦(甲子園)で1軍初登板した。ルーキーイヤーの2018年から3年連続で開幕ローテ入りしておらず「今年は開幕から先発ローテーションで投げること」を目標に掲げていただけに、ショックを隠し切れない。

 この日は治療とエアロバイクなどで体を動かした。「できることは限られている。昨日(16日)の夜になった(診断された)ばかりなので、できることをやっただけです」と声を絞り出した。

 今後は帰阪せず、宜野座で1軍に帯同しながらリハビリを行う予定。「(エアロ)バイクをこいだりとか、体幹(のトレーニング)とかをできたら。初めてけがをしたところで、自分でもわからないので探り探りやっていきます」。シーズンは長い。慌てず、焦らず、復帰を目指す。(三木建次)

キャンプ日程へ