2021.2.17 19:35

「防御率0点台」 法大150キロ右腕・三浦が大学ラストイヤーに誓い/東京六大学

「防御率0点台」 法大150キロ右腕・三浦が大学ラストイヤーに誓い/東京六大学

ブルペンで投球する法大・三浦(法大野球部提供)

ブルペンで投球する法大・三浦(法大野球部提供)【拡大】

 今秋のドラフト候補に挙がる法大の最速150キロ右腕、三浦銀二投手(3年)=175センチ、85キロ=が17日、オンラインで取材に応じ、大学ラストイヤーへの意欲を語った。

 「(春の東京六大学リーグを)全勝で優勝し、全日本大学選手権にいきたい。個人では、キャプテン、エースとして防御率0点台を目標にしています」

 リーグ戦通算40試合の登板で8勝7敗。チームとしては通算46度の優勝で早大と並んでおり、単独最多を狙う。

 コロナ禍の影響で練習はグループ別に実施。時間にも制限がある。それでも三浦は週に計300球を投げ込み、1週間後に迫ったオープン戦に備えている。福岡大大濠高時代にバッテリーを組んだ古賀悠斗捕手(3年)も中大で主将を務めており「卒業後は同じプロの舞台で戦えたら」と夢を描いた。(赤堀宏幸)