2021.2.14 21:17

東都・中大と国学院大が春季キャンプへ

東都・中大と国学院大が春季キャンプへ

 東都大学野球の中大、国学院大がそれぞれ宮崎市、千葉・鴨川市で行う春季キャンプを15日にスタートする。新型コロナウイルス感染の拡大防止に伴う緊急事態宣言の延長を受け、東京六大学野球の早大や明大、東都でも強化合宿を中止するチームがある中、実施を決めた。

 受け入れ先の了解のもと、万全の感染防止策を施して行う。中大・清水監督は「(八王子市の)グラウンドは一度雨や雪が降ると5日間ぐらいは使用が制限されるので、気候が安定する所で実戦的な練習をしたい」と説明し、選手は約30人と少人数で行う考えを明かした。また、国士舘大は3月中旬に鴨川キャンプを予定している。