2021.1.27 19:34

オリックス・山岡が新球習得 3年連続開幕投手渡さない

オリックス・山岡が新球習得 3年連続開幕投手渡さない

ダウンで契約を更改も、会見で笑顔を見せるオリックス・山岡=青濤館(代表撮影)

ダウンで契約を更改も、会見で笑顔を見せるオリックス・山岡=青濤館(代表撮影)【拡大】

 オリックス・山岡泰輔投手(25)が27日、大阪市此花区の球団施設で契約交渉に臨み、1500万円減の年俸8500万円で更改した。12球団で大トリの更改となった右腕は、負傷離脱した昨季の反省を踏まえ、肉体を改造。新球のフォークを習得し、3年連続開幕投手に意欲を見せた。

■12球団大トリ更改…1500万円減の年俸8500万円■

 開幕投手は譲らない。オリックスが誇るダブルエースが火花を散らした。山岡が契約更改交渉に臨み、1500万円減の年俸8500万円でサイン。3年連続となる大役へ、照準を合わせた。

 「2年(連続)やらせてもらって、去年のけがで出遅れていることは間違いないですけど、なんとかアピールして、そこ(争い)に加わっていけるように仕上げていきたい」

 今季の開幕戦は3月26日の西武戦(メットライフ)。昨季まで2年連続で大役を務めたが、今年は山本も候補に名乗りを上げた。球団で3年連続となれば2005-07年の川越英隆(現ロッテ1軍投手コーチ)以来。中嶋監督は現時点で開幕投手を明言しておらず、春季キャンプ中はアピール合戦が繰り広げられる。

■「おもちをかなり食べた」7キロ増パワーアップ■

 昨季は登板2試合目に左脇腹を痛め、戦線離脱。12試合で4勝5敗、防御率2・60に終わった。今オフは肉体強化を目指し、「おもちをかなり食べた」と、7キロ増の69キロまでパワーアップ。ライバルの山本や榊原からヒントをもらい、「フォークの感覚がよくなった」と新球も習得した。

 「チームが優勝するために投げていきたい。全部で一番になれるようにやっていきたい」

 2021年のオープニングゲームのマウンドに立ち、1年間、フル回転する。(西垣戸理大)