2021.1.26 05:03(1/2ページ)

交渉大詰め!マー君、楽天入り有力 今週中にも条件提示へ

交渉大詰め!マー君、楽天入り有力 今週中にも条件提示へ

特集:
田中将大
昨年1月、楽天生命パークの室内練習場で汗を流す田中。8年ぶりの古巣復帰が有力となった

昨年1月、楽天生命パークの室内練習場で汗を流す田中。8年ぶりの古巣復帰が有力となった【拡大】

 楽天が、米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となった田中将大投手(32)との正式契約に向け、大詰めの交渉に入ることが25日、分かった。これまで、水面下で田中サイドと複数回にわたり接触。今週中にも条件を提示するとみられる。田中に興味を示すメジャー球団もある中、楽天入りが有力だ。

 2月1日のキャンプインまで、あと6日。楽天ファンが待ち望む、田中の復帰が現実味を帯びてきた。日米球界関係者の話を総合すると、立花球団社長らが田中サイドとの交渉のテーブルに就き、本格交渉を開始。今週中にも条件を提示し、交渉は最終局面に入る。

 3月11日-。甚大な被害を受けた東日本大震災から、10年を迎える。楽天にとっては特別なシーズン。球団は2013年以来の日本一制覇に向けて戦力を整える中、絶対的なエースだった田中の獲得に力を注いできた。

 今オフ、田中はヤンキースをFAとなり、メジャー残留ならパドレスが最有力候補だった。ところが、パ軍は三角トレードを敢行し、パイレーツから右腕マスグローブを獲得。先発枠を整備したことで“田中争奪戦”から撤退した。

【続きを読む】