2021.1.25 18:09

国士舘大二塁手の池田をすでに7球団がリストアップ

国士舘大二塁手の池田をすでに7球団がリストアップ

国士舘大・池田来翔内野手

国士舘大・池田来翔内野手【拡大】

 東都大学野球の国士舘大・池田来翔(らいと)内野手(3年)が、すでに国内プロ7球団にリストアップされていることがわかった。

 社会人野球のNTT東日本の外野手として都市対抗でも活躍した父・真樹さん(47)の手ほどきを受け、硬式の東都京葉ボーイズ、習志野高、そして国士大に進み、1年春の東都2部のデビューシーズンに打率・354、1本塁打、11打点をマークし、180センチ、85キロの右投げ右打ちの大型二塁手としてクローズアップされてきた。

 元ロッテ、オリックス捕手の辻監督は「高部(現ロッテ外野手)を通算安打数で上回ると思っていたが、昨年春のリーグ戦がなくなり、最上級生の今年を集大成にしてほしい」と見守っていく。

 昨秋低迷し、東都の2部通算で打率・293、2本塁打、29打点の池田は、練習再開3日目の25日も東京・町田市のグラウンドでティー、フリー打撃で豪快なスイングを見せ、春への思いをこう話した。

 「伊藤裕季也さん(立正大→現DeNA)、牧さん(秀悟=中大→DeNA)と右打ちの二塁手で目標になる選手が出ている。春は4番で打率・350、5本塁打、15打点を目指し、その数字までいけばチームも勝てていけると思う」

 熱視線を送るのは、マリーンズジュニアにいたことからロッテなど。今後が注目される。