2021.1.25 13:15

阪神戦の放映権取得を公表 台湾デジタルテレビ局「MOMO TV」

阪神戦の放映権取得を公表 台湾デジタルテレビ局「MOMO TV」

 台湾デジタルテレビ局「MOMO TV」が25日、2021年のスポーツ放送予定発表会を行い、今季の阪神タイガース戦の放映権を取得したことを公表した。対象試合はオープン戦、公式戦、クライマックスシリーズにおける阪神主催試合となる。

 阪神には、今季から台湾出身のチェン・ウェイン投手(35)が加入。MOMO TVのプレスリリースには「ファンはMOMO TVでチェンを応援することができます。チェン対陽岱鋼(巨人)の試合をみるチャンスがあるかもしれません」と、台湾の地でも、伝統の一戦が放映されることとなった。

 発表会でチェンは「タイガースはすごく歴史のあるチーム。以前、甲子園に来たとき、非常に熱狂的なファンの応援が印象的でした。今年から、その情熱的なファンが味方として応援してくれることをうれしく、心強く思っています」とビデオメッセージを送った。甲子園だけでなく、台湾からの声援も力に変えて、虎を16年ぶりのリーグ優勝に導く。