2021.1.24 19:03(1/3ページ)

阪神“佐藤輝ミュージアム”地元・西宮で絶賛営業中

阪神“佐藤輝ミュージアム”地元・西宮で絶賛営業中

特集:
侍ジャパン
阪神D1・佐藤輝のグッズを持つ高取君己さん

阪神D1・佐藤輝のグッズを持つ高取君己さん【拡大】

その他の写真(1/6枚)

 “テルミュージアム”の誕生だ! 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=と家族ぐるみで親交の深い高取君己(なおき)さん(48)が24日、自身が営むうどん店「はづき」の一角にドラ1の記念品を展示していることを明かし、壮大な夢を語った。西宮のスターから、いずれは球界を代表するスラッガーへ-。輝く黄金伝説の軌跡を残していく。

◆親交あるうどん店「はづき」にバットやグラブなどお宝ズラリ

 扉を開けると、きれいに並べられたバットやグラブ、近大ユニホームが目に飛び込む。佐藤輝の地元・西宮市に店を構えるうどん店「はづき」。その一角にある虎期待のドラ1の軌跡。店主の高取君己さんが、目を輝かせて思い出を語った。

 「大学侍ジャパンのユニホームもあります。これは、関西学生リーグの通算13本塁打を打ったときのボールと写真です」

 息子の真祥さんは佐藤輝と同学年で、ともに白球を追いかけた親友だ。少年野球は別チームだったが、君己さんは当時からひと際存在感を放つスラッガーに魅了された。以来、息子の試合がないときでも、佐藤輝が出場していれば、球場に足を運んでプレーをチェック。豪快なフルスイングからにじむ才能を誰よりも早く認めていた“最初のファン”だった。

【続きを読む】