2021.1.24 15:35

ロッテ・藤原がソフトバンク・柳田からフルスイングの教え 「三振を恐れずどんどん振っていければ」

ロッテ・藤原がソフトバンク・柳田からフルスイングの教え 「三振を恐れずどんどん振っていければ」

ロッテ・藤原恭大外野手が自主トレに充実の表情。引き締まったハンサム顔は女性ファン必見だ(球団提供)

ロッテ・藤原恭大外野手が自主トレに充実の表情。引き締まったハンサム顔は女性ファン必見だ(球団提供)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 ロッテ・藤原恭大外野手(20)が24日、自主トレを公開。プロ3年目の飛躍に向け、1月中旬に合同自主トレを行ったソフトバンク・柳田悠岐外野手(32)から教わった“強振のすすめ”を胸に2桁本塁打を狙う。

 佐賀県内で行った柳田らとの合同自主トレ。藤原は「(カウントで)追い込まれてからどうしたらいいですか?」と柳田へ質問。

 藤原によると、柳田からの答えは「あんまり変えてないよ。三振でアウトになろうが、いい当たりでアウトになろうがアウトはアウト」と三振を恐れない強振だった。

 タイプは違うが、ともに外野手で左打者。藤原は「まだ、僕にはできないことだけど、追い込まれても柳田さんのようにホームランを打てるようになりたい。三振を恐れずにどんどん振っていければ」とフルスイングに取り組む決意を示した。

 昨季はシーズン後半に1軍入りし、26試合出場で打率・260、3本塁打、10打点。プロ1、2号がいずれも先頭打者本塁打となり、クライマックスシリーズでは猛打賞を記録した。

 2月の石垣島キャンプでは、臨時コーチを務める松中信彦氏に「バッティングフォームを見てもらいたいです。考え方、頭の使い方をしっかりと聞きたいです」と弟子入りを志願。強打者2人から学んだことを糧に、強打を発揮してレギュラー定着を目指す。