2021.1.22 05:03(1/2ページ)

阪神D1・佐藤輝、2・4紅白戦へ意気込み「プロのボール見る意味でもプラス」

阪神D1・佐藤輝、2・4紅白戦へ意気込み「プロのボール見る意味でもプラス」

佐藤輝はベースランニングで汗を流す。2・4での実戦デビューが決まった(代表撮影)

佐藤輝はベースランニングで汗を流す。2・4での実戦デビューが決まった(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 高卒2年目の阪神・西純矢投手(19)が21日、初めて1軍キャンプメンバーに選出され、さらに2月4日に予定されている紅白戦に登板することが分かった。鳴尾浜での自主トレ後に代表取材に応じ、猛アピールを誓った。同じく2・4での実戦デビューが決まったドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=も新人合同自主トレ後にオンライン取材に応じ、意気込みを語った。

 目指すべき最初のポイントが定まった。佐藤輝が2月4日の紅白戦に出撃。ベースランニングやポール間走で汗を流した後、勉強とアピールの場に向けて意気込んだ。

 「プロのボールを見るという意味でも、プラスかなと思います。早くアジャストして、打てるようにというのが、一番だと思います」

 今季初の対外試合となる同9日の日本ハム戦(宜野座)に出場予定だったが、チーム内の実戦にも真っ先に出る。矢野監督は「野手は出るでしょう。(佐藤)輝は4日(に出る)」と明言した。

 佐藤輝自身も「結構、試合で調整する(タイプ)」と明かした。近大では関西学生リーグの最多記録を更新する14本塁打を放ったが、プロでどこまで通用するか確認するには、打席に立つのが一番。すぐにバンバン打てれば問題はないが、適応や修正の時間は、多いに越したことはない。

【続きを読む】