2021.1.22 21:30

おかわり君から“よくばり君”へ、自然体のススメ…西武・中村剛也

おかわり君から“よくばり君”へ、自然体のススメ…西武・中村剛也

ノックを受ける西武・中村=所沢市内の球団施設(代表撮影)

ノックを受ける西武・中村=所沢市内の球団施設(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 西武・中村剛也外野手(37)が22日、埼玉・所沢市の球団施設で練習を公開した。プロ20年目を迎えた体重102キロの“おかわり君”は、気になるルーキーを問われると「僕みたいな体形の子」と“よくばり君”こと117キロのD1位・渡部(桐蔭横浜大)を挙げた。

 同じ場所で新人合同自主トレが行われており、通算424本塁打、1197打点のスラッガーは「打撃を見ても遠くに飛びそうだと思った。いい打者になってくれたら」と期待した。減量中の渡部に対し、中村も入団2、3年目に体を絞った経験があるが「100キロちょいから1カ月で92、93キロになったけど、リバウンドですぐに戻った」と苦笑い。「動けているのなら大丈夫だと思います」と自然体でいることを勧めた。

 自身の調整は「予定通り。打撃はそこそこの数を打つようにしていますし、守備もぼちぼち」とマイペースで進めている。体重103キロの山川を加えた獅子の“三重士”が、ライバルたちの脅威になる。(湯浅大)