2021.1.21 07:30(1/3ページ)

【ダンカンが訪ねる昭和の侍】(上)小俣進さん、“長嶋茂雄”を最も知る男が伝説蔵出し

【ダンカンが訪ねる昭和の侍】

(上)小俣進さん、“長嶋茂雄”を最も知る男が伝説蔵出し

特集:
阪神タイガース連載
2001年の宮崎キャンプで球場近くの松林をジョギングする長嶋監督と小俣広報(右奥)

2001年の宮崎キャンプで球場近くの松林をジョギングする長嶋監督と小俣広報(右奥)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 タレント、ダンカン氏(62)が昭和の時代を彩った名バイプレーヤーを訪ねるオフ企画。第2回は昭和50年代に速球派左腕として巨人、ロッテなどで通算16勝を挙げた小俣進さん(69)の登場です。ユニホームを脱いだ後は巨人で長嶋茂雄元監督(84)=現終身名誉監督=の専属広報を長らく務めた小俣さんから続々と出てくるミスター秘話に、大興奮なのだ!!

     ◇

 かつて球場で顔を合わせていたときの肩書は、『終身名誉監督付き総務部主任』という漢字12文字のやたら長いもの。さらに肩書だけでなく、『長嶋茂雄と最も長い時間を共にした男』という経歴が加わるのだった。

 その人の名は小俣進。1973-85(昭和48-60)年の現役時代は左の速球派で、広島-巨人-ロッテ-日本ハムと4球団のユニホームに袖を通した。巨人で貴重な中継ぎだった4年間は、長嶋監督の第1次政権中。第2次政権では専属広報となり、監督退任後も常にミスターの隣にピタリ…。2004(平成16)年3月にミスターが脳梗塞で倒れたときも、その後の壮絶なリハビリの日々も、翌05年7月に東京ドームで奇跡の復活観戦を果たした際も、寄り添う姿があったのだった。

 東京ドーム近くのホテルでお会いした小俣さんは、長嶋さんの横に立っていたときより、どこか穏やかな表情に見えた。

 「そーなんだよ! 四六時中一緒なのに、常に新鮮な緊張感があるから表情も硬くなるんだろうね」

 何十年も一緒でも慣れない…?!

 「それが、全く慣れないんだよねぇ…。長嶋さんの関係で、社会的地位が立派な方々と何人もお会いさせていただいたけど、そちらは大丈夫なのに、あの人だけは格別というか、オーラを放ち続けているというか、不思議だよねぇ」

 あっ、おれも(師匠の)ビートたけしさんに同じものを感じているなあと、心の奥で納得するのだった…。明るく朗らかな長嶋さんだが、実は怒ると怖いって本当なのだろうか。

【続きを読む】