2021.1.21 21:46(1/2ページ)

優勝は使命!楽天D1位・早川、被災地への思い胸に戦う

優勝は使命!楽天D1位・早川、被災地への思い胸に戦う

東日本大震災で被害が出た宮城県名取市の閖上地区を訪問し献花する新人の早川=宮城県(楽天野球団提供)

東日本大震災で被害が出た宮城県名取市の閖上地区を訪問し献花する新人の早川=宮城県(楽天野球団提供)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 楽天の新人全7選手が21日、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区を訪問した。10年前に故郷の千葉で被災した経験を持つ、ドラフト1位・早川隆久投手(22)=早大=は震災メモリアル公園内の慰霊碑に献花。「胸に秘めながらやれたら」と8年ぶりとなるリーグ制覇への誓いを立てた。

◆「締め付けられるような感じ」

 心の中で手を合わせ、祈りをささげた。早川は、押し寄せた8・4メートルの津波と同じ高さの慰霊碑に、言葉を失った。

 「心をつかまれるというか、ちょっと締め付けられるような感じがありました」

 3月11日で東日本大震災から10年を迎える。震災復興伝承館では、大津波の爪痕を目の当たりにし、復興の歩みを心に刻んだ。日和山に登り、いまだ復興半ばの周辺を目に焼き付けた。

◆小6の時、千葉で被災

 2011年3月11日-。千葉外房の海沿いに位置する横芝光町出身の早川は、上堺小6年だった。日頃はのどかな街に津波が押し寄せ、沿岸にある実家は床下浸水し、避難所となった学校で一晩を明かした。

 「下校中の時に、いとこが自分を車で拾ってくれて、自分はぎりぎり津波の被害を受けなかった。もし、自分がそのまま家に帰っていたら状況は変わっていたと思う」

【続きを読む】