2021.1.18 18:21

「ガム」で間食我慢 117キロ西武D1位・渡部は減量計画は継続中

「ガム」で間食我慢 117キロ西武D1位・渡部は減量計画は継続中

 西武のドラフト1位・渡部健人(22)=桐蔭横浜代=が18日、所沢市のカーミニークフィールドで新人合同自主トレの第3クール初日に臨んだ。

 「第2クールが終わって少しずつ練習の強度も上がっているので、その中でもけがをせずにしっかりやっていくというテーマでやっているので、疲労はあるけど順調にいっています」

 渡部といえば大きな体格の「よくばり君」の愛称として注目。現在は117キロの体重からの減量に取り組んでいる。以前はおにぎり、お菓子などを「自分は勝手に口に運んじゃっている」と照れ笑いで明かしたが、現在は「管理栄養士さんと相談して、体重を減らすと言うより脂肪の方を減らして引き締められるように」と相談し、習慣でもあった間食をやめている。

 食べたくなっても「部屋でキシリトールのガム」で代用。その甲斐あってか「体重はあまり変わんないですけど、絞れてきているんじゃないかと思います。周りからも言われた」と力説。ただ、D4位・若林から「絞れた?」と言われた際には「見慣れただけじゃね?」と切り返したと明かして笑わせた。