2021.1.18 19:06

楽天・早川が1軍スタート決定 今年初ブルペン26球

楽天・早川が1軍スタート決定 今年初ブルペン26球

今年初めてブルペンで投球練習する楽天・早川=仙台市

今年初めてブルペンで投球練習する楽天・早川=仙台市【拡大】

 楽天のドラフト1位ルーキー早川隆久投手(早大)のキャンプ1軍スタートが18日、決まった。仙台市内の球団事務所で開かれた監督・コーチ会議で振り分けられ「大学の時に評価された投球を披露するのが第一の目標。7割ぐらいの完成度でキャンプインできれば」と意気込んだ。

 今年初めてブルペンに入り、立った状態の捕手に直球を26球投げた。「想像していた傾斜の使い方とマッチングしていた。理想とした動きができ始めている」と手応えを口にした。

 新人では他にドラフト2位の高田孝一投手(法大)、3位の藤井聖投手(ENEOS)、4位の内間拓馬投手(亜大)が1軍で始動する。石井監督は新人について「実戦に入ってくるまで時間はあげたい」と、2月下旬ごろに実戦登板させる考えを示した。