2021.1.17 07:30(1/2ページ)

【燕ルーキーの素顔に迫る!】ヤクルトD4・元山、大目標の基礎作った厳父の教え

【燕ルーキーの素顔に迫る!】

ヤクルトD4・元山、大目標の基礎作った厳父の教え

新人合同自主トレでノックを受ける元山

新人合同自主トレでノックを受ける元山【拡大】

 ヤクルトの新人選手のルーツや素顔を紹介する連載の第3回は、ドラフト4位・元山飛優内野手(22)=東北福祉大。幼少期にたたき込まれた父・誠司さんの教えや、中学時代に自身に課した猛練習の日々などを明かした。(随時掲載)

 流した汗と、涙の数だけ成長してきた。「世界一のショートになる」という目標を掲げる元山が野球を始めたきっかけは、なんと海上だった。

 小学校入学前。家族でフェリーに乗って旅行をしていた際、大阪の少年野球チーム「ジュニアコンドルス」関係者に「野球をやりなさい」と声をかけられ、直後に入団した。だが当時やっていたのは投手と捕手だけ。転機となったのは中学の生駒ボーイズ時代だった。

 「野手のことが全く分からなくて、まずはステップの仕方とかを考えたり、教えてもらったりしていました。中学時代は一番練習しましたね」

 1年秋から本格的に遊撃手となり、自身に猛練習を課した。PL学園高出身のコーチ、北川正剛さんに“弟子入り”。チームの練習日の火、水、木、土、日曜日は2-3時間ノックを受けた。夜遅く、日付が替わるギリギリまで続けたこともあったといい、“日課”は卒業するまで続いた。

【続きを読む】