2021.1.17 17:18

楽天・小深田、守備力向上目指す「失策減らす」

楽天・小深田、守備力向上目指す「失策減らす」

 楽天の2年目の小深田大翔内野手は京都府内で守備力の向上を目指して練習に取り組んでいる。昨季は新人ながら遊撃の定位置を獲得したが、二塁での1失策も含めて8失策を記録。17日、オンラインで取材に応じ「去年よりエラーの数は減らしたい」と目標を挙げた。

 チーム最年長で同じ近大出身の藤田と共にトレーニングを行っている。ゴールデングラブ賞を3度受賞している先輩から股関節の使い方などを教わり「自分もあれだけうまくなりたい」と意気込んだ。

 兵庫県佐用町出身の25歳。阪神大震災の発生から26年を迎え「僕はまだ生まれていなかったが、小学校の頃から震災の話はすごく聞いていた。活躍して、地元がもっともっと元気づけば」と気持ちを新たにした。