2021.1.15 05:03(1/2ページ)

阪神D2・伊藤将、矢野監督のキャッチ熱望!出どころの見えにくさ実感して

阪神D2・伊藤将、矢野監督のキャッチ熱望!出どころの見えにくさ実感して

独特のフォームでキャッチボールをする伊藤将。出どころの見にくさではチーム屈指だ(代表撮影)

独特のフォームでキャッチボールをする伊藤将。出どころの見にくさではチーム屈指だ(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 矢野監督を招く! 僕の投法を見てください! 阪神のドラフト2位・伊藤将司投手(24)=JR東日本=が14日、鳴尾浜での新人合同自主トレに参加。練習後にオンライン取材に応じ、春季キャンプのブルペンで矢野燿大監督(52)に受けてもらうことを熱望した。開幕1軍、先発ローテ入りに向け、直接アピールする。

 青空が広がる宜野座のブルペンに立ち、18・44メートル先でミットを構える矢野監督の姿をイメージした。自分の球、特徴的なフォーム、そして、思いを受け取ってほしい。伊藤将は鳴尾浜から指揮官にラブコールを送った。

 「矢野監督もキャッチャーをされていたので、(ブルペンで)自分の球も捕ってほしいなと思います。自分の(出どころの)見えにくいフォームを実感してもらえたらいいな、と思う」

 2月1日から始まる春季キャンプではドラフト1位・佐藤輝(近大)らとともに1軍の宜野座行きを内定させている。今年は第1クールから実戦形式のシート打撃などが予定されているが、そこへの切符を得るためには、まずはブルペンでの投球練習で、首脳陣にアピールすることになる。

 自分の特長を知ってもらうためには、肌で感じてもらうことが一番。矢野監督は就任1年目の2019年の春季キャンプで2年目だった馬場の球を受けたことがある。当時、「(ブルペン捕手が)おれへんかったから。受けたくないんだけど。目が慣れないし、老眼で見えないし」とジョーク交じりに話していたようにミットを構えることは珍しい。名捕手として03、05年のリーグ優勝に貢献したといえども、今は監督という立場にある。重い扉を開けることができるかどうかは、早い段階で目に留まるような投球を見せ、虎将に受けてみたいと思わせることが第一の条件となる。

【続きを読む】