2021.1.15 21:33

楽天D4・内間が初ブルペン「指のかかりとバランスを細かく意識した」

楽天D4・内間が初ブルペン「指のかかりとバランスを細かく意識した」

特集:
2021新人情報
ブルペンで投球練習する楽天・内間=仙台市

ブルペンで投球練習する楽天・内間=仙台市【拡大】

 楽天のドラフト4位ルーキー内間(亜大)が15日、仙台市泉区の球団施設で行われている新人合同練習で初めてブルペンに入った。立った捕手にカーブを5球交えて35球を投げ「6~7割ぐらいの強度。指のかかりとバランスを細かく意識した」と振り返った。

 昨季新人王に輝いた西武の平良と同じ沖縄県出身で「(年齢は平良が)一つ下になるが、あれだけすごい球を投げる。負けていられない」と対抗心を燃やし「球数を増やして、変化球も入れて投げていきたい」と意気込んだ。

ドラフト指名選手へドラフト情報へ