2021.1.15 05:02(1/2ページ)

競技者表彰は23年ぶりに該当者なし…候補者増で票が分散

競技者表彰は23年ぶりに該当者なし…候補者増で票が分散

 競技者表彰が該当者なしだったのは1998年以来、23年ぶり。2008年にプレーヤー表彰とエキスパート表彰に分かれて以降では、初となった。新たに有力な候補が増えたことで票が割れた格好となった。

 プレーヤー表彰(候補30人)は、2年連続で必要得票率(75%)に達した候補者がいなかった。最多得票は高津臣吾氏(現ヤクルト監督)の259票(72・3%)で10票不足。2位は新たに候補入りした山本昌氏(元中日)で244票(68・2%)、3位はアレックス・ラミレス氏(前DeNA監督)で233票(65・1%)だった。

 プレーヤー表彰は現役引退から5年以上の選手が対象で、今回初めてリストに入ったメンバーには山本昌氏のほか、歴代最多の通算3021試合出場の谷繁元信氏(元横浜など)、セ、パ両リーグで最優秀選手(MVP)の小笠原道大氏(元日本ハムなど)、2004年の三冠王の松中信彦氏(元ソフトバンク)らそうそうたる顔ぶれが並び、候補者数は昨年の21人から30人に増えた。

 エキスパート表彰(候補20人)も昨年より候補者が増えて票が分散し、ランディー・バース氏(元阪神)は6票届かなかった。

 来年はプレーヤー表彰で日米通算203勝の黒田博樹氏(元広島)、通算172勝の三浦大輔氏(現DeNA監督)らの候補入りが予想される。

【続きを読む】