2021.1.15 05:02(1/2ページ)

元五輪監督・川島勝司氏が殿堂入り!「まむし野球」と恐れられる

元五輪監督・川島勝司氏が殿堂入り!「まむし野球」と恐れられる

静岡・浜松市のヤマハで取材に応じた川島勝司氏。ヤマハのピアノの前で笑みを浮かべた(代表撮影)

静岡・浜松市のヤマハで取材に応じた川島勝司氏。ヤマハのピアノの前で笑みを浮かべた(代表撮影)【拡大】

 2021年の野球殿堂入りが14日発表され、特別表彰で1996年アトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)とノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。殿堂入りは計209人となった。競技者表彰はプレーヤー表彰、エキスパート表彰ともに当選に必要な得票率(有効投票数の75%)に届いた候補者がおらず、23年ぶりに該当者なし。通知式は野球殿堂博物館で開催されていたが、新型コロナウイルス感染防止のため初めてオンラインで行われた。

 アマチュア球界の名指導者として偉大な先人が並ぶ野球殿堂の一員に名を連ね、川島氏は「身に余る光栄。多くの方の支えがあった」と喜びを表した。

 「最大の宝物」と振り返ったのは、自身が監督を務めた1996年アトランタ五輪のキューバとの決勝戦。6点を先制されながらも、五回に4番・松中信彦氏(元ソフトバンク)が同点満塁弾を放った瞬間だ。

 「全身が総毛立つような、これまでにない歓喜と感動に包まれた。離されては食らいつく、日本選手のファイティングスピリットのおかげで今の私がいる」。一時は予選敗退の危機に面しながら逆襲に転じての銀メダル。国内で「まむし野球」と恐れられた同氏の真骨頂だった。

 一方で、帰国後はテレビの前で他競技の表彰台のシーンなどを目にするたびに涙を流した。「ようやく日の丸の重圧から解放されたこともあって、感情の振り幅が大きくなっていたんでしょうね。その状態が抜けるのに3、4年かかりました」と告白した。

 コーチを務めた88年ソウル五輪では大会中に痛風を発症し、選手に抱えられながら球場入り。切り裂いたスパイクで試合前の打撃投手、ノッカーを務めたこともあった。

【続きを読む】