2021.1.14 14:23

ソフトバンク笠谷が自主トレ公開 広島・森下直伝のチェンジアップを習得中

ソフトバンク笠谷が自主トレ公開 広島・森下直伝のチェンジアップを習得中

自主トレで汗を流すソフトバンク・笠谷。奥は和田=長崎市内(代表撮影)

自主トレで汗を流すソフトバンク・笠谷。奥は和田=長崎市内(代表撮影)【拡大】

 ソフトバンク・笠谷俊介投手(23)が14日、長崎県営野球場で自主トレを公開した。昨季セ・リーグで新人王に輝いた広島・森下暢仁投手(23)と年末年始にともに練習したといい、新球の習得に意欲を示した。

 「(練習しているのは)チェンジアップです。ストレートの回転で、ストライクが取れるチェンジアップを。ポンポン、カウントを取れるように。(参考にしているのは)森下です。大分に帰ったときも直接教えてもらったので」

 昨季はプロ初勝利を挙げるなど20試合に登板。4勝4敗、防御率2・84とブレークした。笠谷にとって、広島で10勝を挙げて新人王に輝いた森下は大分商高時代の1学年後輩。年末年始に大分に帰省した際に「(一緒に)キャッチボールしました。練習相手もいなくて『やろっか』という感じで」と笠谷から声をかけた。チェンジアップの握りも教えてもらったといい「まだまだです」と試行錯誤の途中だ。

 3月に24歳となる左腕は、今年が年男。「厄がこないように」と笑った。おみくじで引いたのは、吉。原点でもある長崎から、きっかけを形にしていく。