2021.1.14 21:19(1/2ページ)

「たくさん走って、たくさん投げる時代ではない」巨人・桑田チーフコーチ補佐“初仕事”

「たくさん走って、たくさん投げる時代ではない」巨人・桑田チーフコーチ補佐“初仕事”

  • リモートで会見する巨人・桑田真澄コーチ=東京都
  • 巨人の新人合同練習で桑田投手チーフコーチ補佐(左)と話す原監督=川崎市のジャイアンツ球場
  • 新人合同自主トレを視察した原辰徳監督(右)と桑田真澄投手チーフコーチ補佐=ジャイアンツ球場(撮影・桐原正道)
  • 新人合同自主トレを視察した原辰徳監督(中央)と桑田真澄投手チーフコーチ補佐(左)=ジャイアンツ球場(撮影・桐原正道)
  • 球場入りする桑田真澄投手チーフコーチ補佐=ジャイアンツ球場(撮影・桐原正道)

 レジェンドが帰ってきた!! 巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、川崎市のジャイアンツ球場で初日を迎えた新人合同自主トレを視察し“初仕事”に臨んだ。巨人の一員としては15年ぶりに訪れた原点の地で、早速“桑田イズム”を全開にした。

 ◆新人合同自主トレ視察

 投手チーフコーチ補佐就任が決まってから2日。桑田氏は、口調こそ穏やかながら心を高鳴らせていた。

 「自分が新人として初めて、よみうりランドに足を踏み入れたときのことを回想しました。久しぶりに中に入ってくると勝負の世界の緊張感を少し感じました」

 入団から35年がたっても、野球への情熱にかげりはない。「覚えていないくらい久しぶり」という思い出の地、ジャイアンツ球場に巨人の一員として15年ぶりに足を踏み入れ、指導者としての活動をスタートさせた。

 ◆「うまくないと楽しめない」

 原監督ら首脳陣とあいさつを済ませると、新人のキャッチボールなどに熱視線。自主トレ期間中のため指導はできなかったが、東大大学院の特任研究員として科学的に研究するなどしてきた“野球の求道者”は、視察後のオンライン取材で早速桑田節を披露した。

 まず、口にしたのが科学的見解に基づく練習哲学。「たくさん走って、たくさん投げる時代ではない」と言い切った。

 さらに「早くうまくなってほしい。うまくないと楽しめない。2、3年で土台をつくって、それからでもいい」と野球を楽しむための思考法も伝授した。

【続きを読む】