2021.1.13 05:03(1/2ページ)

桑田氏「指導者でもエースに」巨人投手チーフコーチ補佐就任 恩師・藤田さんの背番号「73」背負い

桑田氏「指導者でもエースに」巨人投手チーフコーチ補佐就任 恩師・藤田さんの背番号「73」背負い

原監督(左)とグータッチをする桑田コーチ。巨人のユニホームに再び袖を通す

原監督(左)とグータッチをする桑田コーチ。巨人のユニホームに再び袖を通す【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 巨人は12日、球団OBで現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)が1軍の投手チーフコーチ補佐に就任すると発表した。同氏がプロ野球の指導者になるのは初めて。背番号は恩師でもある元監督の藤田元司氏が付けた「73」に決定。原辰徳監督(62)とともにオンライン会見に臨み、「指導者としてもエースになれるように」と決意を語った。

 レジェンドが帰還する。2006年の退団以来、15年ぶりにコーチとして巨人に復帰することが決まった桑田氏が、後進の育成を誓った。

 「原監督から大変やりがいのあるお話をいただいた。OBの1人として少しでも力になりたい。またジャイアンツのユニホームを着られるのは非常にうれしい」

 肩書は「1軍投手チーフコーチ補佐」に決定。試合中はベンチ入りはしない見込みだが、宮本投手チーフコーチの補佐として、主に技術面を指導することになりそうだ。

 組閣は昨季終了後に発表されており、このタイミングでの就任は異例だが、オファーは原監督の強い要望だったという。指揮官は宮本コーチの同意を得たうえで、昨年12月28日に山口オーナーに「気になる後輩がいる。戦力になってもらいたい」と相談。1月5日に本人と会い、「『ぜひ野球界、ぜひジャイアンツのために!』と一寸の迷いもなく話を聞いてくれた」と説明した。

 現役時代は、174センチと小柄ながら体を大きく使うプレーで、通算173勝を挙げた。原監督はそうした点も高く評価。「入団したときは頼りなかった。しかしひとたびプレーするとこんなに大きく見えたピッチャーはいなかった。(小手先でプレーする選手に)まだ伸びると伝えてほしい」。ソフトバンクに2年連続で4連敗を喫した日本シリーズで痛感したのは、パワーの差。よりスケールの大きい選手の育成を望んでいる。

【続きを読む】