2021.1.13 17:37

中日D1・高橋宏、ダルのツイートに感激「夢じゃないよな…」

中日D1・高橋宏、ダルのツイートに感激「夢じゃないよな…」

新人合同自主トレに参加した中日ドラフト1位・高橋宏(撮影・須藤佳裕)

新人合同自主トレに参加した中日ドラフト1位・高橋宏(撮影・須藤佳裕)【拡大】

 中日の新人合同自主トレ第2クール初日が13日、ナゴヤ球場で行われ、ドラフト1位・高橋宏斗投手(18)=中京大中京高=はキャッチボールなどで汗を流した。

 「キャッチボールもプラス10メートル、距離も伸びましたが、順調に来ているかなとは思います」

 距離は約50メートルに、時間も2分長い12分間と、第1クールより練習の強度が上がったなかでも、投球フォームやバランスを意識しながら腕を振った。

 プロ入り後初のオフ日だった12日には、うれしい出来事があった。高橋宏の趣味のひとつに、野球の技術的な解説が含まれる動画を、動画投稿サイト「Youtube」などで見つけて視聴することがある。パドレス・ダルビッシュ有(34)がアップする動画もチェックしてきており、第1クール最終日の11日には、変化球は指先だけではなく、手のひらを使って曲げることを参考にしていると明かした。

 すると、自身が“ダル式”に取り組んでいることが記事を通して海を渡り、同日朝にダルビッシュが「投球に関して自分の感覚的な部分を発信し続けていますが、こうやって力にしてくれているのを知ると嬉しくなりますね。」とツイート。早速の反応を友人からの連絡で知りこのツイートをすぐさま確認し、「夢じゃないよな? と思った」と驚いた。

 「今回だけではなく、今後も交流していきたいとは考えていますけど、そのためには自分の実力を上げていかないといけない。自分の実力を上げるためにも動画を参考にしていきたい」

 体づくりやマウンドに上がる際の心構えなど、質問してみたいことは山ほどあるが、まずはその機会を得るために、結果を出すつもり。世界の舞台で活躍する大投手からの直接のリアクションが、大きな刺激となった。