2021.1.12 15:59

桑田氏の入閣は原監督直々のオファーだった

桑田氏の入閣は原監督直々のオファーだった

リモート会見で巨人・原監督とグータッチをする桑田真澄コーチ(球団提供)

リモート会見で巨人・原監督とグータッチをする桑田真澄コーチ(球団提供)【拡大】

その他の写真(1/7枚)

 現役時代に通算173勝を挙げた桑田真澄氏(52)の巨人の投手チーフコーチ補佐・就任会見がオンラインで実施され、原辰徳監督(62)直々のオファーだったことが明かされた。

 昨年末に原監督が山口オーナーに「非常に気になるOBがいる。ぜひジャイアンツのために戦力になってもらいたい人がいる」と桑田氏の招へいを相談。そして年始に原監督が直接、桑田氏に会ったといい、「私(原監督)の思いを伝えました。彼は水を得た魚のごとく、非常に目を輝かせて『ぜひ野球界、ぜひジャイアンツのために!』と一寸の迷いもなく、話を聞いてくれました」と入閣が決まった経緯を説明した。

 また、原監督は宮本投手チーフコーチに最初に相談したといい、「彼(宮本コーチ)の功績は非常に大きい2年間ですけど、桑田真澄という野球人、少年野球チームを持ったり、野球界発展のためにすごく尽力しているのは、宮本コーチも同じなんですね。(宮本コーチは)『私としても大賛成である』と」と、同意を得たことを明かした。