2021.1.7 05:03

“ミスチル党”阪神D3位・佐藤蓮、新アルバム持参「ミスチル好きに悪い人はいない」

“ミスチル党”阪神D3位・佐藤蓮、新アルバム持参「ミスチル好きに悪い人はいない」

Mr.Childrenが大好き! 佐藤蓮はミスチルの最新アルバムを手に飛躍を誓った(球団提供)

Mr.Childrenが大好き! 佐藤蓮はミスチルの最新アルバムを手に飛躍を誓った(球団提供)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 阪神のドラフト3位・佐藤蓮投手(22)=上武大=は6日、日本の人気ロックバンド「Mr.Children」の最新アルバムを持ち込んで入寮した。「ミスチル好きに悪い人はいない」というほどのファン。西勇、藤浪らとの交流もバッチリ!? ミスチル愛をパワーに変える!

 野球と同じくらい愛してやまないものを新天地に運んだ。虎党に勝利というGIFTを届け、365日喜んでもらう。D3位・佐藤蓮の心の友は「Mr.Children」。立て板に水のように愛を語った。

 「ミスチル好きに悪い人はいないというのは自分のなかである」

 入寮に持ち込んだのは昨年12月初旬に発売されたばかりのアルバム「SOUNDTRACKS」。これまでの野球人生を支えてくれた曲は2015年の「Starting Over」だという。どんな苦難でも、少しずつ前へ、前へと進む大切さが刻まれている。

 「嫌なことを忘れさせてくれる曲で、野球をやって悩んでいるときに(聴いて)励みになりました」

 野球で苦しみ、悩んだときもそのメロディーが右腕の原動力になり、背中を押してくれた。だから、プロの世界に飛び込み、甲子園のマウンドに向かうときも、この曲を使うという。

 虎戦士にも心強い“ミスチル党”がいる。ドラフトで指名されたときから佐藤蓮が目標に掲げている藤浪もその一人。入団当時から登場曲に使用しており、昨季も登板時は「終わりなき旅」、打席に立つときは「HANABI」を流した。またエースの西勇も「Tomorrow never knows」を打撃時のテーマソングにしており、登板日の練習時には“ミスチルメドレー”を球場に流すほどのファンだ。右投げでミスチル好きという共通点を持つ先輩2人にルーキーは「その共通点はこれから仲良くなる一つのきっかけになるんじゃないかなと思う。そういう話も今後できたら」と仲間入りに目を輝かせた。

 「(先輩と)野球のこともそうですけど、趣味だったりそういう話もできればいいなと思う」

 桜井和寿の熱い歌声が力になる。矢野監督を“抱きしめたい”。野球界のスターへと成長する。(織原祥平)

ドラフト指名選手へドラフト情報へ