2020.12.31 21:21

ヤクルト・ジュニアが3度目V/NPB12球団Jr.トーナメント

ヤクルト・ジュニアが3度目V/NPB12球団Jr.トーナメント

 小学5、6年生の選抜チームで競う「NPB12球団ジュニアトーナメント」の準決勝と決勝が31日、神宮球場で行われ、ヤクルトジュニアが2年連続3度目の優勝を果たした。

 予選は29日にロッテジュニア、30日に巨人ジュニアを破り、この日の準決勝はオリックスジュニアに7-0で勝利。中日ジュニアとの決勝は古畑雄大外野手(6年)が大会2号ソロを放つなどして、4-0で勝った。

 3度目の優勝は巨人、中日ジュニアに並び最多。ヤクルトOBで球団職員の度会博文監督(48)は「こういった状況(コロナ禍)の中、選手が本当に一生懸命にやってくれた。連覇の重圧もあったと思う。苦しい時期もあったが、優勝できてホッとしています」と喜んだ。