2020.12.27 05:01

前ヤクルトの藤井が古巣復帰「感謝しかありません」社会人・シティライト岡山へ

前ヤクルトの藤井が古巣復帰「感謝しかありません」社会人・シティライト岡山へ

 ヤクルトを今季限りで戦力外となった藤井亮太内野手(32)が、来季から社会人野球のシティライト岡山でプレーすることが26日、分かった。2014年にドラフト6位で入団する前まで3年間所属しており、古巣復帰となる。

 「自分に戻る場を与えてくれた社長、監督には本当に感謝しています。また新たな気持ちでスタートし、チームに貢献できるよう精いっぱい頑張りたいと思います」

 強肩の捕手として入団したが、身体能力の高さを買われて内野手としての出場機会が増え、18年からは正式に内野手登録となった。17年5月11日の広島戦(神宮)では、五回無死一塁の三塁守備で、バントが一塁寄りの小飛球となると、猛然と突っ込んで好捕。テレビ画面を横切った“忍者プレー”でファンを魅了した。

 「自分をプロの世界に導き、育ててくれたヤクルトスワローズの皆さま、どんなときも応援してくれたファンの方々にも感謝しかありません」

 プロ7年間で通算183試合に出場し、打率・242、2本塁打、18打点。チームメートに、ファンに愛された男が、新たな道へ進む。