2020.12.22 13:19

早大が練習納め111代主将の丸山連覇を誓う/東京六大学

早大が練習納め111代主将の丸山連覇を誓う/東京六大学

早大・徳山壮磨投手(左)、丸山壮史内野手(中央(A))、岩本久重捕手は、来季に連覇を誓った=西東京市(撮影・赤堀宏幸)

早大・徳山壮磨投手(左)、丸山壮史内野手(中央(A))、岩本久重捕手は、来季に連覇を誓った=西東京市(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の早大は22日、東京・西東京市の早大安部球場で今季の練習を終えた。

 主将で最速155キロのエース左腕・早川隆久投手(ドラフト1位指名で楽天に入団)中心に秋は10季ぶり46度目の優勝を飾った。そのリーグ戦後に、111代目の主将に指名された丸山壮史内野手(3年)は、「主将だった早川さんは、練習から背中で見せ、言葉でも引っ張った。自分もやさしい言葉だけでなく、厳しい言葉もかけて引っ張っていき、秋に続いて連覇したい」と意気込みを示した。一塁手で出場した今秋から、来季は二塁手で勝負をかける。