2020.12.13 17:14

慶大全体練習終了/東京六大学

慶大全体練習終了/東京六大学

全体練習の最終日、1年生捕手にアドバイスも送った慶大・福井章吾捕手=慶大(撮影・赤堀宏幸)

全体練習の最終日、1年生捕手にアドバイスも送った慶大・福井章吾捕手=慶大(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の慶大は13日、横浜市のグラウンドで今年の全体練習を終えた。テスト期間も含め、来年2月初旬の全体練習再開までは自主練習期間となる。

 春、秋とも2位に終わり、新主将の福井章吾捕手(3年)は「(今秋敗れた)早慶戦に勝って、日本一を目指していくことはもちろんだけど、キャプテンとして『日本一いいチーム』にしたいと思っている」と話した。

 大阪桐蔭高3年時に選抜大会優勝、夏も連覇を狙ったが果たせずに終わった。そうした経験をベースに福井は「全員が輪になってやっていけるチーム、全員がキャプテンのつもりで関わっていけるチームにしたい。今は(全員が)直線でも、両端の部員がつながるようになれば輪になる。自分は、技術よりコミュニケーションを多くしていくのが持ち味だと思っている。これまでやってきたことをアウトプットしていくのも自分の役目だと思う」と持論を口にした。

 この日も1年生捕手2人とともにキャッチング練習をこなし、アドバイスを送ってチーム力アップを図った。大阪桐蔭高時代の同期から「キャプテンはあいつしかいない」と言われていたリーダーが、東京六大学で本領を発揮する。