2020.12.7 05:04(1/2ページ)

福留、14年ぶり中日復帰へ!9日にも入団交渉 球団首脳「まだ1軍戦力でやれる」

福留、14年ぶり中日復帰へ!9日にも入団交渉 球団首脳「まだ1軍戦力でやれる」

特集:
福留孝介
2006年、中日時代の福留。“強竜”の象徴だった

2006年、中日時代の福留。“強竜”の象徴だった【拡大】

 中日が、今季限りで阪神を自由契約になった福留孝介外野手(43)と9日にも入団交渉を行うことが6日、わかった。日米通算2407安打を誇る球界最年長が2008年に米大リーグに挑戦するまで在籍した古巣で、復帰が実現すれば14年ぶり。交渉がスムーズにいけば12月中旬にも「ドラゴンズ・福留」が誕生する見込みだ。

 俺は完全燃焼していない-。このオフは、阪神の2軍施設がある鳴尾浜を拠点に練習を積み重ねている現役最年長43歳・福留の2021年に、確かな光が差した。

 「オファーを出すことは間違いない」

 中日の球団首脳が明かした。これまで福留の調査を水面下で行っていたが、「今年はコロナ禍の影響で開幕が遅れて調整も難しかったはず。まだ1軍戦力でやれる」と、獲得する方針が固まったことが判明した。

 7日に行われる12球団合同トライアウト後、自由契約選手との交渉が解禁となる。関係者の話を総合すると、早ければ9日にも入団交渉日を設定する模様だ。

 福留は今季43試合に出場して打率・154、1本塁打、12打点。スタメン出場は15試合で、代打起用が主だった。9月下旬にはチーム内で複数の新型コロナウイルスの感染が発覚。福留は名古屋遠征中に球団の内規(会食は4人まで)を超える8人で同僚と会食していたことが判明した。球団独自の濃厚接触者扱いとなり、登録抹消。それ以降は1軍からお呼びがかからず、10月下旬に戦力外通告を受けた。

 福留は「体は元気なので。自分の気持ちが萎えなければ(まだ)頑張れるんじゃないかと思っています」と現役続行を希望し、他球団から声がかかるのを待っている状態。そんな大ベテランの獲得へ動き出すのが、古巣の中日だ。プロの世界に飛び込んだ1999年から2007年まで在籍し、9年間で優勝は3度。02、06年には首位打者を獲得するなど、竜の黄金期を支えた。

【続きを読む】