2020.12.6 16:59

青学大が今季最終戦を勝利で締めた、泉口新主将「日本一を目標にしていく」

青学大が今季最終戦を勝利で締めた、泉口新主将「日本一を目標にしていく」

青学大の新主将として引っ張る・泉口友汰内野手(撮影・赤堀宏幸)

青学大の新主将として引っ張る・泉口友汰内野手(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球の青学大が6日、相模原市のグラウンドで今年最後のオープン戦を横浜商大(神奈川)と行い、6-0で勝利した。

 秋季東都2部リーグに優勝し、来季は2014秋以来の1部リーグでの戦いが決まっており、この試合では控え組のレベルアップを中心に臨んだが、敵失などを絡めて6安打ながら6得点を奪い、3投手の継投で相手打線を2安打無失点に抑えて、勝利した。

 大阪桐蔭高時代に選抜大会優勝を経験している泉口友汰内野手(3年)は、新主将として「どういう相手にも自分たちの野球ができるようになりつつある。最後にあった甘さをなくすようにやってきて、この秋はやり切れた。来年も同じように当たり前のことを当たり前のようにやって、リーグ戦優勝、日本一を目標にしていく」と意気込んだ。