2020.12.5 07:30

【南海ホークス 何回も見たい名場面】阪急・西本監督とニラミ合い

【南海ホークス 何回も見たい名場面】

阪急・西本監督とニラミ合い

特集:
おかえり!ノムさん 大阪球場(なんばパークス)に。
阪急・福本豊外野手の二ゴロで三走・平林二郎内野手が本塁へ突入時、南海・野村克也捕手兼監督と接触。野村捕手は平林の腰へ怒りのキック一発。これを見ていた阪急・西本幸雄監督は先頭切ってベンチを飛び出し野村捕手兼監督の胸にドンと一発見舞ってニラミ合い=1973年(昭和48年)

阪急・福本豊外野手の二ゴロで三走・平林二郎内野手が本塁へ突入時、南海・野村克也捕手兼監督と接触。野村捕手は平林の腰へ怒りのキック一発。これを見ていた阪急・西本幸雄監督は先頭切ってベンチを飛び出し野村捕手兼監督の胸にドンと一発見舞ってニラミ合い=1973年(昭和48年)【拡大】

 【1973年7月29日=両雄激突!】本塁でのクロスプレーを巡って、南海、阪急ナインが小競り合い。阪急・西本幸雄(背番号65)とニラミ合う野村克也(背番号19)。パの覇権を争う関西を代表する名将の「一騎打ち」は迫力満点だ。