2020.11.30 13:49

中日・根尾、“大島塾”参加に意欲「とことん自分を追い込みたい」

中日・根尾、“大島塾”参加に意欲「とことん自分を追い込みたい」

名古屋市内の小学校を訪問し、児童とキャッチボールをする中日・根尾(撮影・須藤佳裕)

名古屋市内の小学校を訪問し、児童とキャッチボールをする中日・根尾(撮影・須藤佳裕)【拡大】

 中日・根尾昂内野手(20)が30日、社会貢献活動の一環として名古屋市内の小学校を訪問し、児童218人と交流した。

 「名古屋での小学校訪問は初めて。ドラゴンズのグッズを身に着けている子どもがたくさんいてうれしかった」

 児童たちの質問に答えたほか、キャッチボールを通して触れ合ったりフルスイングを披露するなどし歓声を浴びた。

 シーズン終了後は宮崎に移動し、フェニックスリーグに帯同。来季に向けて、実戦の中で打撃フォームの修正などをテーマに掲げて臨んだ2週間弱の日々に、「守備面でも打撃面でも、たくさんのことを試合で試すことができた」と充実感たっぷり。今オフについては「少しでもフィジカル面、技術面で力をつけていけるよう、みっちりとトレーニングしていきたい」と意気込んだ。

 大島洋平外野手(35)が28日に契約更改を行った際、社会人時代に所属していた大阪・日本生命で行う例年の自主トレが今オフも開催できる場合は、根尾も参加する予定であることを明かした。背番号7は“大島塾”参加についても「とことん自分を追い込んでいきたい。大島さんから何かを吸収し、レベルアップしていきたいです」と前向きに話した。