2020.11.28 12:00

プロ生活15年、DeNA・藤岡が引退、2軍投手コーチに就任

プロ生活15年、DeNA・藤岡が引退、2軍投手コーチに就任

 プロ15年目を終えたDeNA・藤岡好明選手(35)が28日、現役を引退し、来季からDeNAのファーム投手コーチに就任すると発表した。背番号は「95」となる。

 JR九州から2006年にソフトバンクに入団。主に中継ぎとして活躍し、14年から日本ハムでプレーし、16年のシーズン途中にDeNAに加入した。通算成績は337試合に登板し、22勝16敗、1セーブ、57ホールド、防御率3・78だった。

藤岡コメント「横浜DeNAベイスターズのファンの皆さま。また、全国の野球ファンの皆さま。私、藤岡好明は今季をもって引退することを決めました。福岡ソフトバンクホークスからスタートし、北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズと歩み15年。この15年間たくさんの人と出合い、たくさんの人に支えられ、多くのファンの皆さまに応援していただきました。

 これは僕にとってかけがえのない財産です。感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。ただ引退はしますが、野球への情熱は変わりません。この情熱を今度はチームに、そして選手に注ぎたいと思っています。来年から新たなステージに向かいますが、これまで同様、藤岡好明を引き続き応援していただけると幸いです。本当に幸せな15年間でした。ありがとうございました」