2020.11.27 17:45

トレード移籍の西武・吉川 トモミーの背番号43を引き継ぐ 

トレード移籍の西武・吉川 トモミーの背番号43を引き継ぐ 

背番号43の西武のユニホームに袖を通した吉川

背番号43の西武のユニホームに袖を通した吉川【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 日本ハムから金銭トレードで西武に移籍した吉川光夫投手(32)の背番号は43に決定。今季限りで現役引退した高橋朋己氏(32)の支配下登録選手時代の背番号を引き継ぐ形となった。

 吉川と同氏は同じ1988年生まれ。同氏は入団2年目から守護神に抜てきされ、2014年には29セーブ、翌15年にも開幕戦から4試合連続セーブのプロ野球記録を樹立するなど一時代を築いた。同じ左腕ということもあり、吉川は「43の前任の高橋君に負けないように頑張りたい」と力を込めた。また、ベテランの内海哲也投手(38)とは巨人時代に続いて同僚となることになり、「心強い先輩。『また頑張ろうな』と連絡をいただきました」と明かした。

移籍・退団リストへ