2020.11.27 05:01

楽天、契約に“コロナ条項” 来季公式戦削減の場合に備え

楽天、契約に“コロナ条項” 来季公式戦削減の場合に備え

 楽天は、26日に始まった契約更改交渉で、来季公式戦の試合数が新型コロナウイルスの影響で削減された場合、契約内容について改めて協議の場を求める方針を選手に伝えていることが分かった。

 今季はコロナ禍で各球団ともに経営が悪化。安部井チーム統括本部長は契約更改交渉の席で全選手に財政面など説明をする考えを明かし「一人一人に分かりやすく説明していきたい」と話した。

 その中で、有事の際に話し合いの場を確保する“コロナ条項”が盛り込まれたもようだ。球団側が一方的に契約内容の変更を求めるものではなく、あくまで選手側の権利を尊重した形となる。

 「球団と選手が一体となって情報を共有しながらやっていけたら」と安部井チーム統括本部長。日本プロ野球選手会は今季の試合数削減による一律の減俸をしないよう要望しており、楽天も一律カットはしない方針だ。